こんにちは。

ブログ歴8年のベテランブロガー、タクミです。

 

以下のブログあるある。あなたも経験ありませんか?

  • アクセス数を見て、一喜一憂する
  • 「こんなキーワードで来てくれるんだ~」と悦に浸る
  • グーグルアナリティクスのリアルタイムを眺めて、ニヤニヤする

 

アクセス解析を見てニヤニヤするのは、悪くありません。

やる気が上がりますしね(^_^)

 

ただ、サーチコンソールやグーグルアナリティクスは、ニヤニヤするためだけに使うツールじゃないんです。

ブログを細かく分析することで、アクセス数を劇的に増やすことができますよ。

 

 

そんなわけで。

これから、サーチコンソールとグーグルアナリティクスを使った、ブログの分析方法についてお伝えします。

 

私の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

サーチコンソール(通称、サチコさん)でブログを分析する方法

 

サーチコンソールは、記事のインデックスを煽るためだけに使うツールではありません(笑)

きちんと分析することで、ブログを超強化できますよ(^_^)

 

サーチコンソールでチェックするポイントは、以下の5つです。

  1. キーワード
  2. 検索順位
  3. 表示回数
  4. クリック数
  5. クリック率

 

 

悩む女性セリフ付き

チェックポイント、多いなぁ~。何か難しそう

 

 

大丈夫です!

これから、わかりやすく噛み砕いて解説します。

 

1つずつ、ゆっくりと理解していきましょう。

 

 

まずは、平均CTR(クリック率)と平均掲載順位を表示する

サーチコンソールを起動した直後は、「平均CTR」と「平均掲載順位」が表示されてません(^_^;

まずは、それらを表示させましょう。

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

サーチコンソールを起動したら、「検索パフォーマンス」をクリックします。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

そしたら、「平均CTR」と「平均掲載順位」にチェックを入れます。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

すると、キーワードの横に、「平均CTR」と「平均掲載順位」が表示されますよ(^_^)

 

 

検索上位だけどクリック率が低い。ちょっと惜しい記事をリライトする

「平均CTR」と「平均掲載順位」を表示したら、リライトする記事の選定をします。

リライトする記事を選定するポイントは、以下の3つです。

  1. 表示回数が多い
  2. 検索順位が高い
  3. クリック率が低い

 

「検索順位が高く、クリック率が低い」というのは、「検索結果に表示されるのに、記事タイトルがクリックされてない」ことを意味します。

つまり、記事タイトルを変更すれば、クリックされやすくなり、アクセスが増えるというわけです。

 

そして、表示回数が多いキーワードは、需要が高いです。

リライトして改善すれば、アクセスがドカンと入ります(^_^)

 

例えるなら、M1グランプリで優勝したけど、イマイチパッとせず、2位の芸人がブレイクした感じに近いですね。

実力はあるので、きっかけがあればブレイクする。こんな感じです。

 

 

それでは、実際にやってみましょう。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

「表示回数」をクリックして、表示回数が多い順に並べ替えます。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

掲載順位が2位くらいなのに、CTR(クリック率)が0%ということは・・・何かしら、クリックされない理由があるんです。

これを改善すれば、クリック数が劇的に上がります。

 

 

改善していきましょう(^_^)v

 

 

まず、クリック率が低いキーワードで、実際に検索します。

そして、他のブログと自分のブログのタイトルを比べてみるんです。

 

自分のブログだけ検索意図と違った答えを返してるなら、タイトルを変更します。

そして、必要に応じて、記事内容も変更しましょう。

 

ただし、検索意図に沿った答えを返すのが難しいなら、放置で構いません(^_^;

例えば、タイトルを変更すると、記事内容をまるごと変えないといけない場合などです。

そういう時は、無理にリライトするより、記事を増やした方がいいですよ。

 

 

検索意図に沿った答えを返してるのに、クリック率が低いなら、タイトルをクリックされやすいものに変えます。

例えば、数字を使ったり、感情や代弁を入れると、クリックされやすくなります。

 

詳しくは、以下の記事にある、「記事タイトルを決める」の項目をご覧ください。

 

 

 

 

上位表示すればアクセス爆発! 成長途中の記事をリライトする

それでは。続いて、以下の条件を満たした記事をリライトしてきましょう。

  1. 検索順位が11位~40位
  2. 表示回数が多い
  3. クリックされてる

 

検索順位が低いということは、まだまだ伸びしろがあるということ。

そして、表示回数が多く、クリックもされてるなら、需要アリ。

つまり、上位表示をすることで、アクセスがドカンと増えるというわけです。

 

これは、言うなれば、将来性があるアイドルグループ。

もしくは、種族値が高く、成長すると強くなるポケモンみたいなものですね。

 

 

それでは、実際に分析していきましょう。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

「掲載順位」をクリックして、検索順位が高い順に並べ替えます。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

 

 

 

 

上の画像の例は、検索順位が25位くらいで、表示回数がそこそこあり、クリックもあります。

いわゆる、「お宝キーワード」ってやつです。

積極的に、検索順位の上昇を狙っていきましょう(^_^)v

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

 

 

上の画像の例は、検索順位が25位くらいで、表示回数が多いですが・・・クリック数が0。

この段階で全くクリックされてないので、「上位表示してもクリックされるかどうか?」は微妙です(^_^;

検索順位の上昇を狙ってもいいですが・・・優先順位は低いかなと。

 

 

それでは。

これから、上位表示を狙うためにやるべきことをお伝えします。

 

 

まず、上位表示を狙うキーワードで、実際に検索します。

そして、他のブログにあって、自分のブログにないコンテンツを追加するんです。

 

あと、共起語を入れるのも大事。

共起語はラッコキーワードで調べることができますよ。

 

 

 

 

ラッコキーワードで検索した後

 

 

 

 

「共起語を見る」をクリックすると、共起語一覧を見ることができます。

 

そして、記事の中にできるだけたくさん、共起語を入れていくんです。

そうすれば、上位表示される確率が上がりますよ。

 

 

・・・とはいえ。

検索順位が上がるかどうかは、正直運しだい(^_^;

 

ひと通り対策をしたら、1ヶ月くらい様子を見ます。

そして、ダメなら諦めるというスタンスで行きましょう。

 

 

グーグルアナリティクスでブログを分析する方法

 

リアルタイム計測を見て、ニヤニヤして、やる気を上げるのもいいですが・・・やるべきことは、それだけじゃありません(^_^;

「アクセスが入る記事を分析する」のが、アクセス解析「グーグルアナリティクス」を使う目的です。

 

といっても、グーグルアナリティクスでチェックするポイントは、以下の2つだけ。

  1. アクセス数
  2. 滞在時間

 

私的に、アドセンスブログの場合、直帰率はそれほど気にする必要ないと思います。

情報を提供して広告を踏ませることが、アドセンスブログの目的だからです。

1記事だけ読んで離脱するのは普通かなと。

 

ただし、滞在時間はきちんとチェックしないといけません。

グーグルは滞在時間を見て、上位表示する記事を選んでるからです。

滞在時間が長い記事は、いい記事と判断されますよ(^_^)

 

 

前提知識:「GA4」と「ユニバーサルアナリティクス(UA)」の違い

「GA4」とは、2021年11月にリリースされた、新しいアナリティクスです。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

上の画像は「GA4」のトップ画面です。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

そして、上の画像が、私が普段使ってる「ユニバーサルアナリティクス」です。

 

「GA4」は私でも使いこなすのが難しいので、解説は割愛させていただきます(^_^;

当記事で解説するのは「ユニバーサルアナリティクス」です。

あらかじめご了承ください。

 

ちなみに、PV数を見るだけなら、「Jetpack」というワードプレスのプラグインでもできます。

「Jetpack」でPV数を計測して、読まれてる記事をリライトするといいですよ。

 

 

UAで、ページ別訪問数と滞在時間と調べる

 

 

それでは。

これから、グーグルアナリティクスで滞在時間を出すための手順を、図入りで詳しく解説しましょう。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

グーグルアナリティクスを起動したら、「行動」をクリックします。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

「概要」をクリック。

 

 

 

 

これで、ページ別のアクセス数が表示されましたが・・・このままだと、過去7日間しか表示されません(^_^;

過去30日間のデータを表示しましょう。

 

過去30日間のデータを表示する理由は、数値データが大きくなるからです。

「街の人30人にアンケートを取りました」より「1000人にアンケートを取りました」の方が、信頼性がありますよね?

母数が多いとデータのブレが少なくなり、信頼性が増すんです。

 

そんなわけで。

グーグルアナリティクスで分析する時は、なるべく多くのデータを計測できるように、過去30日間に設定するんですよ。

 

 

それでは、やっていきましょう(^_^)v

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

まず、画面の右にある、日付をクリックします。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

「カスタム」をクリック。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

「過去30日間」をクリック。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

「適用」をクリックします。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

これで、過去30日間のデータを見ることができますよ(^_^)v

 

ただ、このままだと、アクセス数は表示されますが、滞在時間は表示されません。

滞在時間も表示しましょう。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

画面下にある「レポート全体を見る」をクリックします。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

これで、滞在時間が表示されますが・・・このままだとURLで表示されるので、分析しにくいです(^_^;

記事タイトルの表示に変更しちゃいましょう。

 

「ページタイトル」をクリックします。

 

 

※クリックすると画像が拡大します

 

 

URL表示から、記事タイトル表示になりました。

これで、アクセス数と滞在時間を分析することができますよ(^_^)

 

 

検索順位に深く関係する、滞在時間が短い記事をリライトする

滞在時間が1分を切ってしまってる場合、記事をリライトする必要があります。

グーグルは滞在時間が長いブログを、上位表示する傾向があるからです。

 

滞在時間が長くなれば、検索順位に食い込む可能性が高くなります。

検索上位で滞在時間が短い記事も、放っておくとライバルブログにアクセスを取られちゃいますよ(^_^;

 

記事をリライトするポイントは、以下の3つです。

  1. タイトルと内容のズレを直す
  2. 画像や文字装飾を入れて、読みやすくする
  3. 文字数を増やす

 

1つずつ、説明します。

 

 

 

1つ目のポイントは「タイトルと内容のズレを直す」です。

 

例えば、タイトルが「光熱費を節約する方法7選」なら、内容も「光熱費を節約する方法」をメインにします。

光熱費を節約する方法がメインなのに、「光熱費とは?」とか「光熱費の平均金額」などをダラダラと書くのは、やめた方がいいかなと。

ブログの読者は「必要な情報がない」と判断し、即離脱しますよ(^_^;

 

 

 

 

2つ目のポイントは、画像や文字装飾を入れて、読みやすくすることです。

 

ブログの読者はまず、記事を一通り「眺めます」。

ざっくりと必要な情報を探して、気になる所だけを精読します。

 

あなたも他のブログを読むとき、サクッと流し読みしません?

文字ばかりの記事を見て、戻るボタンを押した経験有りません?

 

 

そんなわけで。

適切な場所に画像や文字装飾を入れましょう。

 

ブログの読者は、画像や文字装飾を見つけると、その周辺が気になって精読します。

結果として、滞在時間が伸びるわけです。

 

 

ただし、文字装飾の入れすぎは逆効果。

文字装飾を入れすぎると「どれが重要な文章なのか?」がわからなくなるからです。

 

そうなると、文字装飾なしと同じくらい読みにくくなります(^_^;

ご注意ください。

 

 

そうそう。

クリックしないと目次が開かないブログもちらほら見かけますが・・・目次は最初から表示した方がいいです。

 

ブログの読者はまず、目次を見て「必要な情報があるかどうか?」を判断します。

「情報がありそうだ!」と思った時に、続きを読みますよ。

 

 

 

 

3つ目のポイントは文字数。

単純に文字数が多ければ多いほど、滞在時間が長くなります。

 

ただ、文字数を増やしたいからといって、タイトルと関係ない内容で文字数を水増しするのはダメです。

タイトルと内容にズレが発生し、離脱の原因になるからです。

タイトルが「光熱費を節約する方法7選」なら、「光熱費を節約する方法」をふくらませて、文字数を増やしましょう。

 

とはいえ、リライト対象記事の中には、文字数を増やせない記事もあります。

その場合は、リライトしなくてもいいです。

関係ない内容で文字数を水増しするくらいなら、ひとまずスルーして、他の記事のリライトに取り組みましょう。

 

 

 

 

ブログの読者の行動をまとめると、こんな感じです。

 

まず、ブログの読者は、記事を直感的に「眺めて」欲しい情報を探します。

 

そして、ひとまず「お気に入り登録」します。

 

その後、ふと気になった時に、記事を精読します。

記事のリピーターになって初めて、滞在時間が伸びるんです。

 

 

そこで、私たちブロガーは、タイトルと内容のズレを直したり、画像や文字装飾をします。

それにより、ブログの読者に「必要な情報がある」ことをアピールします。

 

そして、ブログの読者がリピーターになって精読する時に、文字数が効いてくるというわけです。

 

 

以上が、記事の滞在時間を上げるカラクリです。

記事のリライトをする時に、意識しておきましょう(^_^)v

 

 

分析とリライトはほどほどに

 

長くなったので、最後に一つだけ、注意点をお伝えします。

それは、分析やリライトばかりしないということです。

 

ブログは記事入れが命です。

リライトばかりやって記事書きがおろそかにならないよう、ご注意ください。

 

 

(経験者は語る、笑)

 

 

ブログの分析とリライトは、月1~2回くらいがちょうどいいです。

そして、リライトした記事は、2週間ごとに様子を見るといいかなと。

 

 

ではでは。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

実践記や情報たっぷりのトップページはコチラ

トップページへ