こんにちは。電車で女性の隣に座りたい男、タクミです。

いや~、女性の隣に座れると、すごく嬉しい!

 

この前、私の隣に女子高生が座ってきました。

その女子高生、私に寄りかかって寝るもんだから・・・すごくドキドキしましたよ。

ほのかにいい香りがするのも、いいですね(*^-^*) 快適な1日を送れそうです。

 

 

・・・とまあ、そんな邪な理由がなくても、女性の隣に座りたがる男性は多いです。

男性の隣は、何かと窮屈ですからね(^_^;

 

そんなわけで。これから女性の隣に座る方法について書きます。

通勤電車を快適に過ごしたいなら、参考にしてみてくださいね。

 

基本的に女性は男の隣に座りたがらない

 

ヤフー知恵袋によると、男性は幅をとるから、隣に座りたがらないことがわかりました。

・・・やはり、体格の問題なんでしょうか(^_^;

 

「何か生理的にイヤ」という女性も一定数存在しますね。

 

また、マイナビウーマンには、隣に座られたくない人について書かれてます

これは男女関係なく、完全にマナーの問題ですね。

 

準備編:「清潔感」を意識しよう

 

上記の情報をまとめると・・・女性は「清潔感がある人」の隣に座りたいものです。

まず真っ先に「体臭」を意識しましょう。

あなたも、臭い人の隣には座りたくないですよね?

 

 

夏はもちろん、冬も制汗剤をつけておきましょう。

厚着や暖房で汗をかきやすいですから。

 

 

洗濯は必須です。場合によっては消臭スプレーをかけておきましょう。

にんにく、焼肉、たばこの臭いには、十分ご注意を。

 

そして、身だしなみも大事です。ちゃんとひげを剃って、髪を整えましょう。

ボサボサ頭やひげは不潔に見えます。ご注意を。

また、フケが出ないように、毎日ちゃんとシャンプーしておきましょう。

 

スーツであれば、ワイシャツのしわを伸ばしたり、ネクタイをキチッと締めましょう。

仕事の時だけでなく、電車移動の時も意識すれば、女性が寄ってきやすくなりますよ(^_^)

 

スーツなら普段会社でやってる、身だしなみチェックをやればいいんですが・・・問題は私服です。

私的に服装は、きれいめファッションをオススメします。

 

いかにも威圧感を与える、茶髪や金髪、ドクロのプリントシャツはNG。男性でも座りたがらないかなと(^_^;

そこまで極端じゃなくても、黒やプリントシャツも避けたほうが無難です。何とも近寄りがたい感じがするので。

 

 

 

 

 

 

私のオススメは、誰でも似合いやすい「ネイビーのジャケット+白シャツ+茶色パンツ(ズボン)」です。

ジャケットが高いなら、ジャケットなしでシャツだけでもオッケー。

 

シャツは白ではなく青、パンツは茶色でなくネイビーでもいいですよ。

 

 

アイロンはかけておきましょう。ほつれやゴミ、しわを極力なくします。

 

また、見た目だけでなく雰囲気も大事です。

普段から礼儀や言葉遣いをていねいにしておきましょう。

 

店員に威圧感を与える言動をすると、「威圧オーラ」がただよい、女性が近づきにくくなります。

心を穏やかにして、いつもニコニコがベストですね。

 

テクニック編:座る場所を意識しよう

 

「準備編」はきちんと読みましたか?

テクニックよりも清潔感が大事なので、準備編は読み飛ばし厳禁ですよ。

 

基本的に、何もせずにのんびり座りましょう。

せわしなく動くと、座りにくくなります。ヒマなら本を読むのがオススメ。

 

スマホをいじるなら、きちんと脇をしめて、こじんまりとしていじりましょう。

あまりに幅をとりすぎると、女性が座りにくくなるのでご注意を。

傍若無人な男性が、あなたの隣でどっしりと幅をとって、座っちゃいますよ(^_^;

 

 

基本的に狙うのは「女性、空席、自分」の1席空けポジションです。

女子高生が集団でくることが多い電車の場合は、2席、3席空けも有効かなと。

 

ただし、女性の隣に座りたいのは、他の男性も同じ。

「女性、空席、自分」のポジションは、他の男性にとってもセーフティーエリアなんです。

 

「女性、空席、女性」より抵抗感がないので、男性に座られる可能性もあることを、頭に入れておきましょう。

 

 

「女性、空席、自分」のポジションが見つからないなら、「男性(イケメン)、空席、自分」のポジションを狙いましょう。

清潔感があるイケメンの近くに座れれば、キレイな女性が座ってくれることもあります。

 

その際、できれば2席、3席空けを狙っていきたいところです。女性の集団を狙いましょう。

 

 

もしくは、男性が集中する席の反対側の席を狙います。

たいていの男性は向かい側の席に集中するので、女性が座ってくれる確率は上がるかなと。

 

 

「おじいちゃん(おばあちゃん)、空席、自分」も有効です。

おじいちゃんなら女性も安心して、座ってくれる可能性がありますよ。

 

 

1席空けできる席がない場合、「女性、自分、男性」のポジションだと無理なく座れるでしょう。

ただし、女性に嫌がられて逃げられる可能性もあるので、ご注意を。

 

 

一応「女性、自分、おじいちゃん(おばあちゃん)」ポジションも、狙えるっちゃ狙えますよ。

 

 

自分に自信があるなら「女性、自分、女性」のポジションを狙ってもいいですが・・・正直オススメしません。

かなりの確率で嫌がられます(経験者は語る、笑)。

きっと、両隣の女性様は「座らないで立ってろよ!」と思うことでしょう・・・(^_^;

 

 

ボックス席の電車の場合は、ボックス席より2人がけの席を狙います。

更に、2人がけの席の中でも、電車の端や連結地点を狙いましょう。

 

 

上の画像のような席配置の場合、自分以外の3席に女性が座られることがあります。

そうなると・・・女性の選択肢が多くなり、男性の選択肢が少なくなることは明らかですよね?

女性は必ず、女性の隣に座りますから。

 

周り全てが女性ばかりで、3席埋まらないと自分の所に女性が来ないという絶望を味わいましたからね・・・私は(笑)

 

 

電車の端や連結地点は、2人がけの席が2つしかありません。

つまり、1つ埋まってしまえば、後は女性を待つだけでいいんです。

 

後は・・・運否天賦ですね(^_^;

 

ちなみに、ボックス席はオススメしません。

3人グループの人が座ってきて、気まずい思いをしちゃいますから。

更に、そのグループが全員男性だと思うと・・・寒気がしますね(^_^;

 

最終的には「清潔感」と「運」

 

何だかんだ言って、最終的にモノをいうのは「清潔感」と「運」です。

 

狙いすぎると、逆に寄ってきません。

女性が座ってくれたら「ラッキー!」、運悪く男性に座られても「仕方ない」と割り切るのが大事かなと。

 

それでは、楽しい電車ライフを(^_^)v

 

関連記事